猫が食べてはいけないものとは

人間が生きていくために食事をすることは大切ですが、それは猫でも同じです。ですが、中には猫には与えてはいけない食べ物がありますので、猫の健康を守るためにも与える食べ物には注意する必要があります。では、具体的にどのような食べ物を与えてはいけないのでしょうか。

まずはネギ類です。ネギ類には玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ワケギ、らっきょうなどがありますが、これらは与えると死亡の危険性が高い可能性があります。ネギ類を食べることで、溶血性貧血を起こしてしまいます。これは、食材に含まれるアリルプロピルジスフィドという成分が、赤血球が破壊することか起こる症状です。量に関係なく、死亡する危険もあるので、与えることは辞めましょう。スープなどエキスが含まれていても危険な場合もありますので注意が必要です。

続いて注意したい食べ物はイカやタコです。特にイカにはチアミナーゼという酵素が含まれていますが、これはビタミンB1を分解し、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があります。症状が進行するとフラつきが起こり、痙攣などをする可能性があります。消化に合悪いこともありますので、与えることは控えておきましょう。さらに、カフェインや生卵などもあります。

挙げた食べ物は一例となりますが、猫と一緒に生活をしていくためには食事に関しても気を配る必要があります。大事なペットである猫が長生きするためにも与える食事について配慮しましょう。このサイトでは、猫の健康に関する食事の説明をします。